しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

働く主婦のリアルボイス 個人作業で終了時間も明確。4時間半続けて働ける主婦向けの仕事です【北海道クリーン・システム株式会社】

2022年5月30日 公開

菊地洋子さん(47歳)
ご主人と中学2年、小学校3年の娘さんとの4人家族。約10年のブランクから、3年前に客室清掃の仕事をスタート。平日に3日間ほど、10:00〜14:30の時間帯に勤務。

客室清掃は、子どもが学校に行っている時間を活用できます。

独身時代は、花屋でアレンジメントを作ったり事務の仕事をしていました。子育てに専念していた約10年間は、コールセンターの短期勤務などはしたものの、長期で働いたことはなくて。下の子どもが幼稚園に入ったら働くつもりでしたが、子どもが発熱することが多かったので、少し様子をみていたんです。だんだん子どもの体力も付いて預かり保育にも進んで行ってくれるようになったこともあり、仕事探しを始めることにしました。

ちょうどその頃、ママ友が客室清掃の仕事を始めて「勤務時間がちょうどいい」とおしゃっていて。子どもが学校に行っている間だけ働きたかったので、客室清掃の仕事に興味を持ちました。

求人情報を見ていきなり応募するのは少しばかりハードルが高かったので、仕事内容を詳しく聞いてから応募ができるよう、まずはお仕事説明会などの情報をチェック。たまたま『北海道クリーン・システム株式会社』の説明会を見つけて参加したのが会社とのご縁でした。子どもが小さかったので、もしもの時にお休みの融通が利く仕事でなければ長く続けられないという不安もありました。説明会で担当の方から直接お話を聞いて不安も解消されたので、思いきって応募することしたんです。

面接時にも、心配なことは相談させていただきましたね。冬場から始まる仕事だったので、幼稚園バスの到着が遅れてしまった時は出社時間が遅れる可能性があることもお話しして、採用が決まったのが約3年前のことでした。

ひと部屋につき約40分、基本は1日6部屋を仕上げるペース。

客室清掃の仕事は初めてだった私。今でも勘どころが難しいなと思うのは、状況に応じて各部屋の作業にかける「時間配分」です。時間をかければかけるほどお部屋はきれいになりますが、それでは時間が足りません。だいたい20平米ほどの客室であれば、約40分くらいで終わらせるのが目安になります。

お部屋のサイズや、担当する部屋の組み合わせ次第ではありますが、今は4時間30分の勤務時間内で6部屋を仕上げるのが基本です。とはいえ仕事を始めたばかりの頃は、がんばっても1日3部屋が限界でした……。自分が担当する部屋は朝の段階で決まっていますから、割り当ては明確ですし、やるべきことに迷いはありません。そのかわり、清掃をスタートする段階のお部屋がどんな状況であってもチェックインまでの時間内に終わらせること、連泊中のお客さまが退室されたタイミングなどを見計らいながら作業を進めることが大切な仕事だと思います。

配属される宿泊施設にもよって仕組みは異なりますが、私が担当している施設は、客室のテレビモニターに各部屋の清掃状況や空室情報がリアルタイムで色分け表示されており、それをスタッフ全員が共有しながら効率よく作業を進めています。

コロナ禍の低稼働でも、一定給与を保証してもらえました。

ちょうど働き始めてからコロナ禍が始まったのですが、まん延防止措置や緊急事態宣言などの影響で客室清掃の稼働日が減ってしまっても、契約条件によって一定の給与を保証していただくことができました。私自身はずっと家にこもって感染症のことを心配しているよりも、仕事で体を動かしているほうが平常心でいられるので、勤務が増えてきたのはうれしかったですね。

今では対策すべきポイントもわかりますから、清掃中は窓を開けて換気をしますし、感染症対策として朝のミーティングも人が集まらないように仕組みが変わっているので不安を感じる場面はありません。基本的にひとりで客室の作業をしますから、人と対面しない仕事なんです。また、家族が体調不良になった際はお休みをいただくこともありますし、コロナ禍以前より意識的にお休みしなければならない時もあります。
そういえば一度だけ、腰の辺りが痛んで「大丈夫かな!?」と思った時があったのですが、それ以来、ストレッチは欠かさないようになりました。激しく痛めてしまうと繰り返しそうですから、体のメンテナンスはしっかりしなくちゃと思っています。

考えてみたら、この仕事に就いてから人間関係などが憂鬱で「仕事場に行きたくない」と思ったことがありません。個別に作業して終わる仕事という側面も大きいのかなと感じますね。何か不安や希望があれば相談できる会社の風土も、子育てと仕事を両立する働きやすさにつながっているのかもしれません。

菊地さんは曖昧なことをきちんと確認してくれる方です。

主任/武智 緑さん

客室清掃は、ホテルの商品を作る仕事です。ですから、限られた時間内で美しく仕上げることがなにより大切です。仕事にはいくつかルールがありますが、菊地さんははっきりしないことを自己判断せず、きちんと確認してくださる方。安心して仕事が任せられます。例えば、忘れ物なのかゴミなのか判断つきにくい時は、確認・共有していただくのが大事なんですね。
清掃スタッフの年齢層は、20代から70代まで幅広いです。仕事中は常に小走りしている状況なので、基本的な体力は必要です。スピードが求められる仕事ではありますが、多少ゆっくりでも仕上がりが美しいことが求められます。
多くの方は未経験からのスタートですから、まずは客室の中心となるベッドメイクを覚えていただきます。ベッドメイクの仕組みさえマスターすれば、清掃面は家事の延長線の感覚でできるはずです。札幌市内は宿泊客が増えており、客室清掃の需要も増加しています。

北海道クリーン・システム株式会社

商業施設やオフィスビル、病院やホテルなどの清掃、設備・衛生管理、警備、廃棄物処理など、さまざまな施設のビルメンテナンス事業を展開。創業から60年以上が経つ、JR北海道のグループ会社です。
北海道札幌市中央区北3条西2丁目12番地1 STV北3条ビル2階
TEL.011-208-2075
https://www.hclsys.co.jp

働く主婦のリアルボイス

最新記事5件

個人作業で終了時間も明確。4時間半続けて働ける主婦向けの仕事です【北海道クリーン・システム株式会社】 2022年5月30日 公開

平日に3日間ほど10:00〜14:30の時間帯でホテルの客室清掃を行う菊地さんにお話を伺いました。

働く主婦のリアルボイス|病院での医療事務【株式会社ソラスト札幌支社】 2020年2月17日 公開

医療事務は、無資格でできる仕事です。みんなが協力しあう職場環境のおかげで、3人の子育てをしつつ10年以上病院勤務!

働く主婦のリアルボイス|ラーメン店のホールスタッフ【ラーメン山岡家】 2019年6月10日 公開

夫が転勤族なので、チェーン店の仕事を身に付けたらどこに行っても働けると考えました。

働く主婦のリアルボイス|ドラッグストアの販売スタッフ【サツドラ旭ヶ丘南8条店】 2019年6月3日 公開

子育てしながら働きやすい時間帯。お互いに助け合う空気があり、働くことが楽しいと思える職場です。

働く主婦のリアルボイス|不動産会社での営業事務【七緒ホーム】 2019年4月15日 公開

不動産業界なのにお母さんが多い職場。お客様にとっては話しやすい存在なので、想像以上に、主婦感覚が生かせる仕事です。