しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

主婦のための履歴書の書き方

履歴書を書く前に

多くの人がパソコンでビジネス文書を作成しています。
しかし、今でも履歴書は手書きが好まれる場合が多いようです。

手書きの履歴書が好まれる理由、それは履歴書が「あなたらしさを表現する」書類だからでしょう。
担当者は応募者について知りたいと考えています。
だからこそ、あなたらしさを表現している手書きの文字が好まれるのでしょう。
履歴書はあなたについて記し、相手に伝える、最も重要な書類のひとつです。

そのために大事なポイントは…

(1)心をこめて一字一字ていねいに書く
(2)誤字・脱字・記入漏れがあったら、新しい紙で書く(修正液での修正はNG)
(3)志望動機や趣味・特技欄を空欄にしない


この3つ、本当に大事です。
それではこの3点を踏まえた上で、アピールできる履歴書の書き方を考えていきましょう。

履歴書の基本マナー

写真
確かな腕を持った写真屋さんで撮ってもらった証明写真が望ましい。
スナップ写真やプリクラ、あまりにも古い写真もNGです(3カ月以内に撮ったものを)。
あと、貼り方もまっすぐに。

日付
相手に提出する日にちを書く!書いた日ではないので要注意。
郵送する場合は、投函する日にちを書きましょう。

年号
生年月日・学歴・職歴は、和暦もしくは西暦のどちらかで統一しましょう。
どちらかというと和暦(平成00年など)が一般的。

学歴
中学卒業からでOK!中学卒業以降は、入学・卒業年度とも書きましょう。

職歴
3行ルール「入社/何を担当したか/退社」の順で、担当した仕事内容が分かるように書きましょう。
アルバイト・パートも立派な職歴。希望職種と関連ある職種なら積極的にアピール。
書ききれない場合は職務経歴書を別に用意。
短期のアルバイトをたくさんしていた期間などは、全部書くと書く場所がなくなってしまうので、その期間をまとめて「飲食店での接客業やスーパーのレジ業務など複数の短期アルバイトを経験」などと書く方法もあります。

趣味・応募動機・希望などの欄

何を書いたら良いか悩むところではありますが、これらの欄がちゃんと書かれているかどうかは、採否をわける重要なポイントとなる可能性が高いので、心をこめて書きましょう。

免許・資格
持っている免許・資格は、応募職種にかかわらず全部書く(正式名称で)。特別なものじゃなくても構いません。ただし多すぎて書ききれない場合は、入社したあとに役立ちそうなものをピックアップして書くと良いでしょう。
勉強中のものは「○○資格取得に向け勉強中」などと書きましょう。

趣味・特技
普段楽しんでいること、興味を持っている分野をありのままに書きましょう。
ありふれた趣味でかまいませんが、「音楽」「散歩」などで終わらせず、それをどんなふうに楽しんでいるかを書いて、「人となり」を感じてもらえる内容がベター。

志望動機
選考に直結する重要なスペース。「経験を活かしたい」で終わらせず、「入社後に何をしたいか、どんな貢献をしたいか」を具体的に書くと、働く意欲の高さが伝わります。

希望職種や条件など
求人内容に複数の勤務地での募集が載っている場合などに記入。希望条件が多いほど、採用が難しくはなります。休日の希望も「土日は勤務できない」ではなく「土曜は勤務できます」「月2回くらいなら土日も勤務できます」とできる条件をアピールしましょう。

性格を書く欄

自分の性格って、分かっているようでも、なかなか言葉にして伝えにくいもの。
他人からどう見られているのかも迷うところですよね。
まして履歴書ですから良い印象を与えたい!

(1)まず【性格を表すワード集】中から、自分にぴったりだと思う言葉を選びます。
直感で「これだ!」と思う言葉は、全部選んでしまって構いません。

▼性格を表すワード集
明朗/正直/社交的/熱心/真面目/大胆/勤勉/素直/健康/柔軟/几帳面/タフな神経/責任感/想像力/面倒見がよい/冷静/話をよく聴く/人づきあいがよい/先見性/粘り強い/謙虚/礼儀正しい/好奇心が強い/向上心/慎重/努力/繊細/誠実/気配り/ユーモアがある/プラス志向/協調性/時間を守る/おおらか/楽天的/相手を立てる

(2)その中から、一番当てはまると思う言葉や、他人からよく言われる言葉を2〜3選んで、文章に組み立てれば完成。

※例文→協調的で粘り強く、素直な性格だと思います

正直、この小さな欄で自分のことを表現しきれるものではありません。
今日の私は…くらいに割り切って、
「私は○○で、△△な性格だと思っています」「□□な面もあります」など
シンプルに言い切ってしまいましょう。

封筒のマナー

履歴書郵送の場合、封筒もチェックされることもあるので要注意。

会社の「株式会社」を(株)と省略しない。
部署宛なら「御中」、担当者宛なら「様」を付ける。
宛名面の左下には赤いペンで「履歴書在中」と明記。
封じ目には「〆」か「封」が一般的。
差出人の名前、住所は中央よりやや下目に省略せず記入。

オリジナル履歴書をダウンロードできます