しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月曜更新]

2019/06/03[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【サツドラ旭ヶ丘南8条店】

ドラッグストアの販売スタッフ|サツドラ旭ヶ丘南8条店

インタビューしたのは/牧島綾さん(37歳)
ご主人と高校1年の長女、中学3年の長男、中学1年の次女と暮らす。南11条店にて7年ほど勤務した後、旭ヶ丘南8条店のオープニングに合わせて異動し3年。現在は8:00〜18:00の間で7〜8時間のシフト勤務。

子育てしながら働きやすい時間帯。
お互いに助け合う空気があり、
働くことが楽しいと思える職場です。

お隣さんに背中を押されてパートに応募。

サツドラで働き始めたのは、約10年前からです。主人の転勤で札幌に引っ越してきたばかりの頃でした。働きたいと思っていたものの、土地勘すらなかった私に、隣に住んでいる方が「パートの募集が出ていたよ」ってサツドラのことを教えてくださって。「サツドラさんは、店の雰囲気がいいよ」という言葉に背中を押されて応募したのが、働き始めたきっかけでした。スーパーのお肉コーナーで働いたことはありましたが、バックヤードの仕事ですし、ドラッグストアは未経験の業種。でも実際に働いてみると本当に店の雰囲気がとても良く、気付けば南11条店で7年間ほど働いていました。知り合いもいなかった札幌でしたが、仕事場から人間関係も広がってお友達ができました。休憩時間の雑談も、仕事に出かける楽しみのひとつだったんです。当時は子どもがまだ保育園に通っていたので、5時間勤務のパートとして働いていましたが、成長とともに「7時間くらい働けそうだな」と思うように。上司に相談したところ、たまたま近くに南8条店がオープンする予定があり、7時間勤務のスタッフを募集しているとのこと。店を異動することで、運良く7時間勤務に切り替えて働けることになりました。

やるべき仕事に迷うことはありません。

5時間勤務のときは、品出しとレジが主な仕事でした。7時間勤務になってからは、その他、商品の期限チェックのためにデータを登録する業務など、さらに仕事の幅が広がりました。サツドラはここ数年で、さまざまなシステムが変化しているんですね。レジの釣り銭は自動で出ますし、以前は目視でチェックしていた商品期限チェックも、あらかじめ登録しておくことで一括管理できるようになりました。以前とは仕事内容も変化していますが、おかげで釣り銭を間違える心配などもありませんから、私が働き始めた頃よりも新人さんが早く独り立ちできるようになった気がします。道内500店舗以上の提携店でポイントが貯まる「EZOCA(エゾカ)」や、以前は紙で発行していたクーポンがアプリになるなど、覚えることはたくさんありますが、ノートにメモをしたり、レジにメモを貼っておくなどして対応しています。最初はレジにお客様が並んでしまった時に、同僚を呼ぶタイミングがわからなくて。目の前のお客様しか見ていないと、並んでいらっしゃることに気がつかないんですね。それも日を重ねるうちに、呼び出すタイミングがつかめるようになりました。
当日の業務は、1人ずつ担当と時間帯が割り振られています。出勤時に自分の仕事内容と時間割をチェックしてから現場に出るので、何をすればいいのか迷う心配はありません。休憩時間も決まっていますから、時間になったら自ら休みに入ります。お昼ごはんは家から持ってくるときもあれば、店で買うことも。食品も販売していますし、お湯やレンジも使えるので、お昼ごはんには不自由しません。疲れている日などは、帰りにスーパーを経由せずに、サツドラにあるものだけで夕食の準備を済ませてしまうこともあるんです。

働きながら「登録販売者」の資格を取得。

思い返せば「辞めたい」と思ったことがないんです。お休み希望が通りやすいシフト制だったこと、子どもが体調を崩したときなどの急なお休みにも快く対応していただけたこと、そしてなにより職場のみなさんが良い人ばかりだったことが大きかったと思います。おかげで私にとっては、子育てしつつも「仕事している生活」が当たり前になりました。
働きながら「登録販売者」の資格を取ったことも、やって良かったと感じていることのひとつです。かぜ薬などの一般用医薬品販売を行える専門資格なのですが、先輩に「役に立つよ」と勧められて一念発起。子どもを寝かしつけてから夜中に勉強するのはなかなか大変でしたが、約1年越しで合格することができました。テキスト代の一部を支援してくださる制度も利用できましたし、自分のために良かったなって。長いカタカナの薬品名を覚えることに苦労しましたが、市販薬の知識はさまざまな場面で役立てることができます。気付けば10年。子どももだいぶ大きくなったので、これまで以上にフル回転して働きたいなと思っているところです!

新しい仕事にも積極的に取り組み、
パートさん同士をつないでくれる存在です。

牧島さんは責任感が強く、新しい仕事にも笑顔で取り組んでくださる方です。パートさん同士の間をつないでくださる存在なので、とても頼りにしています。ご本人と店舗の状況にもよりますが、牧島さんのように勤務時間を延ばすタイミングで店舗を異動したり、ご主人の転勤などの理由で勤務店舗を変われるケースがあることも、多店舗展開している強みのひとつかもしれません。勤務時間の調整がしやすいシフト制ですし、困った時はお互いに助け合う雰囲気のある職場なので、子育て中の主婦の方も大勢活躍してくださっています。
店長/秋友さん

サツドラ旭ヶ丘南8条店

「サツドラ」の愛称で親しまれてきた、札幌市に本社を構えるドラッグストアチェーン。北海道を中心に全国へ店舗展開し、暮らしを支える物販やサービスを提供。厚生労働大臣認定の「えるぼし」を取得し、女性の活躍推進のための体制づくりにも力を注ぐ。
札幌市中央区南8条西23丁目4番1号
TEL.011-520-0370