しゅふきたは主婦の「働く」を応援する北海道の求人情報サイトです[毎週月・木曜更新]

2020/07/13[mon] update

働く主婦のリアルボイス!【クリーニングCoCo】

クリーニングの集配|クリーニングCoCo

インタビューしたのは/小田三耶子さん(40歳)
ご主人と小学校3年の娘さんとの3人暮らし。独身時代から『クリーニングCoCo』に正社員として勤務し、結婚後は産休・育休を経て子育てと仕事を両立。現在は、平日8:30〜17:00までの勤務。

覚えることはけっこうありますが、自分でルートを組む自由度の高い仕事。主婦としては「土・日・祝休み」も魅力!

土曜・日曜・祝日はお休みという条件に惹かれて。
『クリーニングCoCo』で働き始めたのは、13年ほど前からです。その前は、保育士や服飾関係の販売員をしていました。当時はお給料面はもちろんのこと、「土曜・日曜が休みの仕事」を条件に仕事探しをしていたんです。新店舗のオープニングスタッフの募集だったので、みんなで一緒にスタートできることや未経験のジャンルに興味もあったので挑戦することに。集荷・宅配業務のお仕事ですから、車の運転ができることが条件でした。プライベートでドライブはしていたものの、仕事で運転するのは初めてだったので不安はありましたが、あまり深く考えずに応募していた気がします。
私の担当は、社用車でお客様の家に伺ってクリーニング品を受け取り、仕上がったお品物をお届けする仕事です。勤めて3年ほど経った頃からリーダーになり、スタッフ全体の調整を担当するようになりました。お子さんの急な発熱で出社できなくなったスタッフの担当エリアに入ったり、仕事が集中してしまったスタッフを手伝ったりする役割ですね。今は子どもが小さいため、8:30〜17:00までの時間帯で働かせていただいてます。
担当エリアのお客様の元へ集荷・宅配に伺う仕事です。
当社のクリーニング商品は、女性スタッフが集荷・宅配しています。店舗にもよりますが、私が勤務している店は社員9名、パート5名の体制。8:00〜12:30を担当する午前のパートさんと、12:00〜20:30を担当する午後の正社員が基本ですが、私のような勤務時間であったり、8:30から勤務するスタッフもいますから状況次第といったところでしょうか。
ざっくりとした仕事内容はこんな感じです。まずはコールセンターに電話が入るので、お客様のご都合に合わせて商品を集荷に行き、仕上がった商品をお客様とお約束した日にお届けします。スタッフ毎に担当エリアがありますので、出社したら、自分の担当エリアの集荷・宅配のお客様を確認し、ご希望時間を踏まえて当日のルートを組み立てるんです。とはいえ、走っている最中に集荷の連絡が入ることもあるので計画していたルートが変わることもあります。担当エリアはそれほど広くないので、同じ道を1日に何度も行き来する感じです。移動距離はそんなにありませんし、社用車はAT車、4WDの軽自動車なので運転しやすいと思います。午前中のスタッフは、朝出発したらお昼に戻ってくるまで出っぱなし。午後は勤務時間が長いので、途中で店に戻って休憩します。新人さん以外はひとりで車に乗って行く仕事ではありますが、午前・午後の入れ替わり時に申し送りの時間があるので、そこで同僚と顔を合わせることができるんです。お客様にお届けする期日と時間さえ守れば配送ルートは自分に任されている分、慣れてしまえば自由度が高い仕事だと感じます。
子どもが大きくなったら勤務時間を延ばしたいです。
今でこそ慣れましたが、新人時代に苦労したのは商品の分類を覚えることでした。ワイシャツや背広あたりはわかりやすいのですが、婦人服は生地の違いがありますから、どの洗い方や仕上がりでお預かりするのか覚えることに苦戦しました。「汗が染みこんでしまったのだけれど、どんな洗い方がおすすめですか?」と、お客様から質問されることもあるんです。あとは道に不慣れで、ルートを組み立てることにも苦労しました。私は2カ月ほどで独り立ちしましたが、思えば仕事に慣れたと感じるようになったのは、全シーズンを経験して1年経った頃でしょうか。
今は新人さんに教える立場になりましたが、最初にまとめて覚えることは無理ですから、サポートしつつ、覚えて、慣れていただくようにしています。ひとりで回るのが心配なスタッフがいればフォローしますし、ミスやトラブルが起きた時には上司が対応してくれます。急な休みや早退も同様で、子どもの体調不良や行事などで早退する時も、「代わりに走るから、早く帰りなさい」って言ってもらえる環境なんですよね。絨毯のように重い商品があれば誰かが手伝ってくることが多いです。
じつは、出産を機に辞めようかなと考えたこともありましたが、当時の上司が「子育てしながら、働いてみないかい」と声をかけてくださって。外に出て働くこの仕事が好きだったので、産休・育休をいただいて早めに帰れる時間帯で仕事復帰したんです。当時はこの店で産休・育休をとったスタッフはいなかったので、「良い前例になれたかな?」と思います。スタッフの年代は幅広いので、休憩時間に先輩お母さんから子育てのアドバイスをいただくことも。主婦の立場としては、土曜、日曜がお休みで、お盆や年末年始にまとまった休みが取れたり、子どもの学校行事に合わせて有給休暇が使えることも働きやすさにつながっています。私は社内で作業するよりも外で働く方が好きですし、続けるほどに顔見知りのお客様が増えて仲良くなれることもこの仕事の楽しさです。基本はひとりで働く仕事ですが、同僚と顔を合わせる申し送りの時間がありますから、仕事を通して人とつながりたい人にとっても、仕事をササッと切り上げて帰宅したい人にとっても、それぞれ働きやすい環境かなと思いますよ。

お姉さん、娘、時にはお母さんとして。会社の中で、さまざまな役割をしてくれる方です。

当社には、10代から50代まで幅広い年代のスタッフがいるのですが、小田さんは、それぞれのスタッフにとってのお姉さんだったり、娘さんだったり、時にお母さんのような立場で関わってくれるリーダーです。
当社では、希望の勤務時間や人員配置の状況によって、パート・正社員を募集しています。クリーニング店を利用したことがあっても、クリーニング店の仕事は具体的にイメージできないこともあるかと思いますので面接時には業界の説明をしたり、仕事の現場をご覧いただき、実際の商品を見てもらうことで働くイメージが持てるかどうかご判断いただいています。人にもよりますが、新人さんは1カ月目で基本を覚えていただき、2カ月目で仕事内容を確認しつつ、3カ月目にひとりで車に乗っていただくのが研修の基本です。もちろん不安があるうちは、先輩がしっかり面倒を見てくれますよ。ご希望次第では、午前勤務のパートさんから午後勤務の正社員になるケースもありますし、ご家庭の事情次第ではその反対もあります。働き方の希望や相談は、常駐しているリーダーはもちろん、月1回の面談時に伺えるよう環境作りをしています。50代になってから当社で働き始めた方もいらっしゃるので、年齢を問わずに働ける職場だと思います。
クリーニング総合開発営業部 係長/安本昌央さん

クリーニングCoCo 株式会社 光生舎 白石店

女性スタッフが自宅まで集荷・宅配するクリーニングサービスを展開。札幌市内に6店舗を構え、洋服、和服、布団、絨毯などのクリーニングのほか、貸し布団なども行っている。
札幌市白石区栄通20丁目12-20
フリーダイヤル TEL.0120-323-572